処女膜強靭症|性行為や日常生活で発生するデリケートゾーンの悩み

性行為や日常生活で発生するデリケートゾーンの悩み

処女膜強靭症

座る女性

処女膜強靭症とは、性行為の際に痛みや出血を伴う症状です。通常、初体験の際にはそういった症状が起こりますが、何度行為をしてもそういった症状が起こる方は処女膜強靭症の疑いがあります。その痛みは、その人が持つ処女膜の性質によって引き起こされています。通常、処女膜は伸縮性があり柔らかいものですが、処女膜が生まれつき厚く堅い人も中にはいらっしゃいます。そういった方がこの症状を経験するのです。
この症状は、基本的には性行為時にのみ発症します。また、出血もデリケートゾーンの外に出るようになっています。普通に生活する分には悪影響を及ぼさないという特徴があります。しかし、性行為がうまくいかないという問題は深刻なデリケートゾーンの悩みと言えるでしょう。
そうした問題を解消するため用いられる方法が、手術です。手術と聞くと二の足を踏む方もいらっしゃるかも知れませんが、処女膜強靭症に関する手術は他の手術に比べて簡易的なものとなっています。およそ15分程度の時間で済み、いわゆるダウンタイムも一か月程度とされています。デリケートゾーンの悩みを解消する有効な手段として多くのクリニックで実施されています。
この症状の問題は、性行為を痛いものとして認識してしまうことによる性行為恐怖症への発展があり得ることです。パートナーとの絆を深めることができなくなる恐れを孕んでいる、深刻なデリケートゾーンの悩みなのです。解消のためにはまずパートナーとの理解を深めることが大切でしょう。パートナーの理解を得て、二人で解消する意思を持ってクリニックで診察を受けましょう。