締まりの力が低下する|性行為や日常生活で発生するデリケートゾーンの悩み

性行為や日常生活で発生するデリケートゾーンの悩み

締まりの力が低下する

ウーマン

原因の一つとして考えられているのは、加齢による筋力低下です。加齢によってもたらされる衰えは様々です。特に女性にとっては、加齢は肌のたるみを引き起こす大敵と言えるでしょう。しかし、引き起こされるのは肌のたるみだけではありません。通常の筋力と同様に、骨盤底筋も加齢によって衰えていきます。骨盤底筋はデリケートゾーンに深い関わりを持つ筋肉であるため、この部分の衰えは締まりの悪さに繋がっていくのです。また、骨盤底筋の働きを低下させるものに肥満という要素があります。肥満の結果、デリケートゾーンの悩みが引き起こされることがあります。
また、女性特有の営みが締まりの悪化へと繋がることがあります。その営みとは、出産です。妊娠の際には骨盤底筋の働きによりお腹の中の赤ちゃんを支えます。その働きの結果、出産後に骨盤底筋が引き伸ばされたままとなってしまうことがあるのです。通常であれば元通りになりますが、筋肉の緩みが戻りきらない場合は締まりの悪化に繋がってしまいます。
日常生活に大きく関わる部分では、姿勢の悪さという点が挙げられます。前かがみの姿勢が多くなると膣やおしりの筋肉が引き締まらないことになるため、締まりが悪くなってしまいます。逆に、背筋を伸ばした姿勢を取ることで膣やおしりの引き締めに繋がるので、こうしたデリケートゾーンの悩みが解消されることに繋がると言えるでしょう。
様々な原因を伴うデリケートゾーンの悩みとして取り上げられる締まりの力の低下ですが、姿勢から生活を見直すことで改善されるかも知れません。どうしようもない部分については、周囲の方や医師へ相談してみると良いでしょう。