痛みの原因は|性行為や日常生活で発生するデリケートゾーンの悩み

性行為や日常生活で発生するデリケートゾーンの悩み

痛みの原因は

レディ

性交痛の痛みのパターンは様々です。膣の入り口で起こることもあれば、最深部で起こる場合もあるのです。女性のデリケートゾーンに関する悩みとして奥深いこの問題はどういった状況で発生するのか、その原因について探っていきましょう。
はじめに性交痛についてお伝えします。性交痛とは、性交において膣に感じる痛みのことを指します。タイミングは開始時や最中など様々です。そして、それぞれで異なる原因があります。
まずは膣の入り口で起こる痛みの原因を確認しましょう。想定される主な原因は膣の炎症や外陰部の萎縮があります。女性のデリケートゾーンに大きな関わりのある女性ホルモンは、生活環境の変化など様々な要因でバランスを崩します。女性ホルモンのバランスが崩れることにより外陰部や膣粘膜が萎縮して痛みへと繋がってしまうのです。また、膣が炎症を起こしていると痛むことがあります。いずれにしても何らかの外的要因であると捉えることができます。入り口の痛みが気になる方はクリニックの診察を受けることも大切と言えるでしょう。
一方、深い部分で発生する性交痛に対しても原因があります。その痛みは通常、性行為の最中または行為後に発生することが多いです。デリケートゾーン深部の痛みは、何らかの感染症が関係している場合があります。子宮頸部や卵管について感染症が発生していると骨盤に膿瘍ができることがあり、それが痛みへと繋がることがあると言われます。また、がん治療を行なった場合も深部での性交痛が発生することがあります。デリケートゾーンの痛みは人に打ち明けづらいものですが、大事に至る前に相談することが大切です。